【2024年3月】現役家具スタッフが選ぶおすすめ薄型マットレス8選!メリット・デメリットも解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

薄型マットレスって種類が多くて違いがいまいちわからないわ

筆者
筆者

おすすめ20選とか30選って多過ぎませんか?

「おすすめランキング記事は商品数が多すぎて結局どれを選べばいいのかわからない」

筆者も何かおすすめを検索する時、いつもそのように感じていました。

この記事ではベッド販売歴14年、現役家具販売員の筆者がおすすめの薄型マットレスを8つ厳選

各薄型マットレスを丁寧に深堀って解説していきます。

価格もお求めやすい1万円台から8万円近くするハイスペックなマットレスまで紹介。きっとご予算にあった最適なマットレスが見つかります。

筆者
筆者

すべて筆者が実際に販売したり、プロ目線ですごいと感じたものばかりに厳選しています。

薄型マットレスはお子様用と思われがちですが、今回紹介する薄型マットレスは大人でも充分快適な寝心地と耐久性を提供してくれます。

ただし薄型マットレスには薄さゆえのデメリットがあるのも事実

デメリットも理解することで購入後の後悔は激減します。

正しい選び方で快適な眠り、そして充実した毎日を手に入れましょう。

この記事の著者

家具・インテリア販売歴14年の現役家具販売員

JIN

Profile

40代の現役家具販売員。 見てきたマットレスは300種類以上。 シモンズユーザー歴7年2枚目。 実務と使用経験の両視点から「失敗しない選び方」、「お得に買う方法」「ちょっとマニアックな商品解説」などを包み隠さず本音で解説します。

薄型マットレスの種類と特徴

薄型マットレスは大きく分けて2種類あります。

  • コイルマットレス
  • ノンコイルマットレス

コイルマットレスはその名の通りコイル(バネ)が入っているマットレス。

ノンコイルマットレスはコイルが入っていないマットレスです。

ウレタンマットレスが代表的ですね。

特徴と種類を簡単に解説していきます。

コイルマットレスの種類と特徴

コイルマットレスはベッドマットレスに最も多い構造。主な種類はオープン(ボンネル)コイルポケットコイルの2種類です。

通気性、耐久性ともに高い特徴があります。

価格目安(薄型)1.5万~5万円
通気性普通~良い
耐久性普通~良い
体圧分散性普通~良い
移動・取り回ししにくい
寝心地ミディアム~ハード

オープン(ボンネル)コイルの特徴

おそらく多くの方がイメージする「バネ」がオープン(ボンネル)コイルです。

コイル同士が連結されており、引っ張り合って重さを分散します。

高い通気性と固めで張りのある寝心地が特徴のコイル構造です。

ポケットコイルの特徴

出典:シモンズHP

1つ1つ袋に入ったコイルが連結されずに独立している構造。体の凹凸に合わせて「」でフィットします。

出典:シモンズHP

フィット感が良く揺れたり跳ねたりしにくいのが特徴。一流ベッドメーカーでも多く採用されるコイル構造です。

それぞれの特徴をザックリと比較したのが以下の表です。

この表に当てはまらないマットレスも存在しますのでイメージとしてとらえてください。

コイルマットレスは万人向けの優れた構造。寝心地は固め、耐久性も高い傾向にあります。

腰痛持ちの方や寝返りが多い方、成長過程のお子様に特におすすめです。

ノンコイルマットレスの種類と特徴

ノンコイルマットレスとはスプリングが入っていないマットレスの総称です。

主に高反発や低反発ウレタン、高密度繊維でつくられたマットレスが挙げられます。

価格目安1万以下~10万円
通気性素材による
耐久性普通
体圧分散性良い
移動・取り回ししやすい
寝心地ソフト~ミディアムハード

価格の幅が広く、あまりに価格が安い商品は粗悪品も多く耐久性にも不安が残ります。

ウレタン系マットレスを選ぶ場合、耐久性に直結するウレタン密度を重視しましょう。

ウレタン
密度
耐久年数
目安
価格と商品
25D未満1~2年2万円以下の商品に多い
粗悪品に注意
25D
~30D未満
2~4年約2~4万円の商品に多い
ラインナップは一番多い
30D
~40D未満
4~8年約4~7万円の商品に多い
知名度の高いメーカー品も
40D以上8年以上7万円以上が多い
ブランドメーカー等高級品

ざっくり1万円=1年の耐久性です。

密度30D以上を目安に選ぶと耐久性は4~8年とそれなりの使用期間が見込めます。

密度表記がない場合も多いので、スプリングマットレス以上にしっかりとした見極めが必要です。

この記事ではウレタン密度も踏まえた上でのおすすめマットレスを紹介します。

最後にノンコイルマットレスに多い高反発と低反発の特徴を簡単におさえておきましょう。

高反発の特徴とおすすめの人

高反発素材はその名の通り高い反発力と弾力が特徴。寝心地は固めが多く、寝返りがしやすいメリットです。

具体例を挙げると、東京西川のAirムアツ布団エアーウィーヴなどが挙げられます。

出典:Amazon.co.jp

エアーウィーヴはウレタンではなくファイバー繊維でつくられています。

出典:Yahoo!ショッピング

中身は以下のような高密度に絡み合ったポリエチレン繊維です。

これら有名メーカーのマットレスもやはり固めで高い反発力と弾力があり、寝返りがしやすい特徴があります。

体格的には万人向け(目安45~80kg)、特に固めが好みで腰痛持ちの方や寝返りが多い方におすすめと言えます。

低反発の特徴とおすすめの人

低反発素材はゆっくりと体にフィットする独特なソフトな寝心地が特徴。体にかかる圧力を分散する体圧分散性に優れています。

具体例を挙げるとテンピュールやトゥルースリーパーが有名。

体格が軽めの方(薄型の場合60kg以下推奨)、横向き寝が多い方に特におすすめです。

ポイント

高反発は寝返りをしやすくすることで睡眠の質を高める。低反発は寝返り頻度を減らすことで睡眠の質を高める。

  • しっかり固めの高反発
  • しっとりソフトな低反発

どちらが優れているではなく、寝心地の好みと相性で選びましょう。

高反発がおすすめ
  • 万人向け(目安45~80kg)
  • 腰痛持ちの方
  • 寝返りが多い方
低反発がおすすめ
  • 体格が軽め(薄型の場合60kg以下推奨)
  • 横向き寝が多い

薄型マットのメリット・デメリット

次に薄型マットレスの特徴とメリット・デメリットを把握しましょう。

メリット・デメリットを把握すると「こだわる点」、「妥協してもいいかなと思える点」が見えてきます。

特にデメリットが重要です。

メリットは低価格と軽さ

最も大きなメリットは一般的なベッドマットレスに比べ価格が安いこと。

7千円~3万円の価格帯の商品が多く存在します。

分厚いマットレスに比べ使っている原材料(コイルやウレタン)が少ないので当然と言えば当然。

価格が安い分1~3年程度の短期使用に向いています。

単身赴任や学生の一人暮らしなどですね。

全てではないですが、圧縮梱包されているものも多いです。

圧縮することでコンパクトになり、運送コストが下がり価格が安くできる仕組みです。

もう1つのメリットが動かしやすさです。

薄い分軽く、三つ折りタイプであれば抱えて運ぶことも可能。

2段ベッドやロフトベッドからの上げ下ろしも比較的しやすく、頻繁に動かすことが予想される方におすすめです。

デメリットは底つき感と耐久性

デメリット①】底つき感

デメリット1つ目は薄さゆえの底つき感のある寝心地になりやすいこと。

薄い分凹凸に対し沈み込める範囲が狭まり、厚みのあるマットレスに比べ適正な沈み込みがしづらく底づき感を感じることが多いです。

理想的な寝姿勢は首から腰までが直線ラインであることです。

人間の体は平らではありません。仰向けならお尻、横向きなら肩や腰が凹凸します。

凹凸に合わせて適正な沈み込みをすることで体に負担の少ない理想的な寝姿勢が実現します。

薄型マットレスでは、底づき感の少ない理想的な寝姿勢をにするために、より体格の相性に注意する必要があります。

デメリット②】耐久性が低い

デメリット2つ目は耐久性が低いことです。

マットレスは基本的に厚みがあるほど重さを分散しやすくなるため、耐久性は高くなります。

スプリングタイプ、ウレタンタイプどちらも共通して言えます。

商品品質、寝る方の体格にもよりますが、薄型マットレスの耐久年数はおおよそ1年~5年程度を目安と考えましょう。

今回紹介する中にはもっと長い耐久性を誇るマットレスもあります

どちらのデメリットもスプリングマットレスであればコイル数コイル圧縮率次第。

ウレタンマットレスであればウレタン密度通気性対策次第で軽減されます。

薄型マットレスおすすめ8選

特徴とメリット・デメリットを踏まえた上でコスパ最高なおすすめ薄型マットレス8選を紹介していきます。

大人でも問題なく使用可能」を前提に選定しています。

大人の使用時に耐久性や寝心地に不安が残るマットレスは除外していますのであらかじめご了承ください。

①ニトリ 薄型マットレス U2-03 EM

出典:楽天市場

「お、値段以上」でコスパの良い商品を選ぶならニトリはかかせません。

約1000店舗を構える日本最大の家具チェーン店というスケールメリットを生かし、他社では真似できない商品開発を行っています。

ニトリにある多数の薄型マットレスの中でもおすすめなのが「U2-03 EM」です。

寝心地ミディアム
サイズ展開S・SD・D
タイプポケットコイル
重量21kg
保証期間5年
コイル数703個
予想耐久年数4~6年

おすすめ理由は2点。コイル数価格です。

コイル数

U2-03 EMのコイル数はニトリの他モデルと比較しても多いことがわかります。

ニトリ
薄型マットレス
コイル数
(Sサイズ)
価格
U4-02EM1783個49,990円
U3-03EM703個39,990円
RG02VB703個29,990円
U2-03 EM703個29,990円
U1-03EM450個19,990円
ZERO LIGHT EM450個12,990円
薄型ポケットコイル
マットレス
420個13,990円
薄型三つ折り
ポケットコイルマットレス
378個14,990円

コイル数が多いと長持ちしやすく、重さを分散する力もUPします

同じ703個のコイル数の「RG02VB」はより薄型なため2段ベッドやロフトベッドにおすすめです。(次項で紹介)

商品名厚さ用途サイズ展開
U2-03 EM13cmベッド用S/SD/D
RG02VB9.5cm2段ベッド
ロフトベッド
Sのみ

価格

シングルサイズで約3万円

決して安いとは言えませんが「安い」≒「低品質」「高品質」≒「高い」ということからも、予算3万円以内なら「U2-03 EM」一択で良いのでは?と思うほどバランスが良いモデルです。

ニトリでもこれより安いモデルはコイル数も少なく、大人では寝心地・耐久性的もいまいち。おすすめしません。

梱包状態

配送時は圧縮ロール状になっており、開封すると広がります。

ニトリ 圧縮マットレス見本 開封前
開封後

完全に膨らんで本来の寝心地になるまでは1~2日かかります。寝れないわけではありませんのでご安心ください。

より詳しくはニトリ公式YouTubeで確認できます。

出典:ニトリ公式YouTube

「U2-03 EM」は全国のニトリでほぼ全店展示がある人気マットレス。実物確認がしやすいというのもうれしいポイントです。

購入はニトリネットより還元率が高い楽天市場、Yahoo!ショッピングがお得です。

②ニトリ 薄型マットレス RG02VB

こちらも同じくニトリの薄型マットレス「RG02VB」。

先の「U2-03 EM」に比べより薄型で軽いため、2段ベッドやロフトベッドなどにおすすめです。

出典:ニトリネット
寝心地ミディアム
サイズ【S】幅97×長さ197×厚さ9.5cm
タイプポケットコイル
重量19kg
保証期間5年
コイル数703個
予想耐久年数3~5年

先に紹介した「U2-03 EM」と同じ小さなコイルが703個とぎっしり入っています。

ニトリの他モデルと比較しても多いことがわかります。

ニトリ
薄型マットレス
コイル数
(Sサイズ)
価格
U4-02EM1783個49,990円
U3-03EM703個39,990円
RG02VB703個29,990円
U2-03 EM703個29,990円
U1-03EM450個19,990円
ZERO LIGHT EM450個12,990円
薄型ポケットコイル
マットレス
420個13,990円
薄型三つ折り
ポケットコイルマットレス
378個14,990円

コイル数が多いと長持ちしやすく、重さを分散する力もUPします

重量19kgですが女性一人でも設置可能。開封前はコンパクトなので搬入も楽々です。

ニトリ 圧縮マットレス見本 開封前
開封後

あえてデメリットを挙げるとすれば2つ。

  • 厚さが9.5cmとやや薄め。70kg以上の体格が良い方にはおすすめしません。
  • ニトリ店頭で展示されていないことが多く実物確認がしづらい。

商品自体は価格と品質のバランスが良く、さすが「お、値段以上」のニトリと言えるマットレス。

小柄な方や中学生までのお子様、2段ベッドやロフトベッド用におすすめのマットレスです。

購入はニトリネットより還元率が高い楽天市場、Yahoo!ショッピングがお得です。

③RASIK 折り目のない三つ折りポケットコイルマットレス

RASIK(ラシク)公式ストアはこちら

税込み価格S  15,980円
SD  18,980円
D  20,980円
タイプポケットコイル
送料無料
離島など一部地域不可
寝心地ハード
サイズ【S】幅97×長さ195×厚さ9
【SD】幅120×長さ195×厚さ9
【SD】幅120×長さ195×厚さ9
重量S  20kg
SD 23kg
D  27kg
生産国日本
予想耐久年数2~3年

その名の通り三つ折り出来て折り目もないポケットコイルマットレスです。

折り目が無いことで寝心地の違和感を無くし、つなぎ目から裂けてしまう心配のありません。

全面メッシュ生地で通気性も抜群。ポケットコイルの弱点をしっかりとカバーしてます。

公式レビューでも「思ったより重い」という意見が多くみられました。

約7cmと薄く軽そうに見えますが、太めの2.0mm線径コイル採用。

かなりどっしりと固めな寝心地になっています。

耐久性も【日本工業規格JIS S 1102】を実施。荷重100kg×8万回の試験で検査されています。

おすすめな人
  • 寝返りが多い
  • 仰向けが多い
  • 敷きっぱなしができない
  • 湿気が気になる
  • 畳に布団のような固めの寝心地が好み

1万円台の薄型マットレスでは圧倒的なコスパの良さ。新生活の学生や数年程度の単身赴任男性などにおすすめです。

購入・詳細はこちらから

④フランスベッド フォールドエアーW-02

寝心地ミディアムハード
サイズ幅97×長さ195×厚さ12cm
タイプオープンコイル
(高密度連続スプリング)
重量12kg
生産国日本
機能防ダニ・抗菌防臭加工(両面仕様)
予想耐久年数4~5年

日本のトップブランド「フランスベッド」の三つ折り可能なスプリングマットレスです。

12cmの厚みがあるスプリングマットレスで折り畳みができるのは非常に珍しく、専門ベッドメーカーならでは。

おすすめな人
  • 寝返りの度に目が覚める
  • 仰向け、横向き寝どちらもする
  • 敷きっぱなしができない
  • 湿気が気になる
  • 固めの寝心地が好み

フランスベッド独自の高密度連続スプリングで 張りのあるしっかり固めの寝心地。

通気性、耐久性ともに抜群です。

高密度連続スプリングって何?
フランスベッドのコイル

全てのスプリングが1本の鋼線で繋がってできている構造。

鋼線全体が引っ張り合って重さを分散するので張りのある安定感のある寝心地が特徴。コイル1つにかかる負担が減るので耐久性もUP!マット内部は空洞なため通気性も抜群です。

固めで寝返りがしやすいため睡眠中の体への負荷を軽減してくれます。

厚さは11cmですが、反発力の高い高密度連続スプリングのおかげで薄さを感じさせない寝心地

薄型マットレスでは万人におすすめできるマットレスです。

⑤ニトリ 薄型マットレス U4-02EM

出典:Yahoo!ショッピング

ニトリの薄型マットレスの中で最もグレードが高い薄型マットレスがU4-02EMです。

ニトリ
薄型マットレス
コイル数
(Sサイズ)
価格
U4-02EM1783個49,990円
U3-03EM703個39,990円
RG02VB703個29,990円
U2-03 EM703個29,990円
U1-03EM450個19,990円
ZERO LIGHT EM450個12,990円
薄型ポケットコイル
マットレス
420個13,990円
薄型三つ折り
ポケットコイルマットレス
378個14,990円

基本情報は以下の通り。

寝心地ミディアムハード
サイズ展開S・SD・D
タイプポケットコイル
重量24kg
保証期間5年
コイル数1783個
予想耐久年数4~6年

ニトリの薄型マットレスで唯一の2層構造。Sサイズで1783個と他の薄型マットレスの約2~4倍と圧倒的なコイル数を誇ります。

上段①に「高さ3cm×線径1.4mm」のコイルでソフトに。下段②に「高さ6cm×線径1.8mm」でしっかり支えるこだわりの構造です。

この構造により薄型マットレスには向いてない「横向き寝」でも肩・腰の圧迫を軽減し快適に眠ることができます。

表面も唯一グレーのニット生地を採用。見た目にも高級感がある質感です。

表面生地
側面

弾力性・体圧分散性に優れ薄型ながら通常の厚みのあるマットレスに引けをとらない上質な寝心地。

薄型でも寝心地にこだわりたいかたへおすすめのマットレスです。

購入はニトリネットより還元率が高い楽天市場、Yahoo!ショッピングがお得です。

⑥シモンズ 4インチレギュラー AB21S21

出典:Yahoo!ショッピング

ブランドベッドメーカー「シモンズ」の唯一の薄型マットレス。

関東・関西を中心に展開する島忠ホームズという家具店限定モデルです。

島忠ホームズはシモンズ取引高No1の家具販売店。そのため4インチレギュラーのような唯一無二の限定モデルの開発が可能になっています。

楽天市場での販売元は親会社のニトリ。Yahoo!ショッピングは島忠ホームズとなります。

寝心地ミディアムハード
サイズ【S】幅97×長さ195×厚さ14
【SD】幅120×長さ195×厚さ14
タイプポケットコイル
重量20kg
生産国日本
予想耐久年数5~6年

シモンズと言えば多くの高級ホテル、ビジネスホテル、最近ではグランピング施設にも導入実績が高いブランドベッドメーカーです。

シモンズの代名詞である肩や腰の凹凸に合わせて沈み込む高圧縮ポケットコイル採用

他の薄型ポケットコイルマットレスに比べ圧倒的なサポート力で体の沈み込み過ぎを防止、耐久性も抜群です。

余談ですがこのシモンズの4インチレギュラー仕様のマットレス、公にはされていませんが千葉県の日本一有名な遊園地のトレードマーク的ホテルにも導入されています。(ホテル専用のため島忠ホームズ限定モデルとは仕様が異なります)

これで寝れば毎日が夢の国のホテルの寝心地です。

万人におすすめできるマットレスですが特に以下の方におすすめです。

おすすめな人
  • 安心・高品質なマットレスが欲しい
  • 良いものを長く使いたい
  • 仰向け、横向き寝どちらもする
  • 固めの寝心地が好み

価格はやや高めですが薄型で高品質、固めの寝心地をお探しなら選んで間違いのないマットレスです。

⑦リテリーアスリートプロ12

Literieオフィシャルストア
¥69,800(2024/04/19 16:29時点 | 楽天市場調べ)
寝心地ミディアム~ハード
変更可能
サイズ【S】幅99×長さ196×厚さ12
【SD】幅119×長さ196×厚さ12
【D】幅139×長さ196×厚さ12
タイプノンコイル
(ファイバー)
重量約12kg
生産国日本
予想耐久年数5~7年

リテリーアスリートプロはノンコイルタイプ。内部はファイバー繊維「ライトウェーブ」です。

使用されている「ライトウェーブ」は高密度かつ高通気性、高耐久性を実現した特殊繊維。

ファイバーマットレスというとエアウィーブが有名ですね!

ファイバーマットレスの特徴は以下の通り。

ファイバーマットレスの特徴
  • 圧倒的な通気性
  • 固めで寝返りがしやすい
  • 高い体圧分散性
  • 洗えて清潔

これらの優秀な特徴に加え、最大のポイントは自分で寝心地の固さを変えられることです。

リテリーアスリートプロは3つのブロックで構成されています。

  • ミディアムブロック×2
  • ハードブロック×1

ブロックを入れ替えることで好みの寝心地にカスタマイズ可能同一ブロックのヘタリ軽減メリットあります。

リテリーアスリートプロについては以下の記事でより詳しく解説しています。

【類似品比較】エアウィーヴより安くておすすめなリテリーアスリートプロ。理由と違いを徹底解説

直営公式サイトのみ60日間返品返金保証付き。楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングは対象外です。

\送料無料・公式限定60日間返品保証/

リテリー公式ページはこちら

Literieオフィシャルストア
¥69,800(2024/04/19 16:29時点 | 楽天市場調べ)

⑧カリモク家具 muff(マフ) ビサンテ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: karimoku-maff-mattress-e1683406223193.jpg

国産家具のトップブランド「カリモク家具」のmuff(マフ)という高反発ウレタンマットレスです。

1枚タイプと3分割タイプがありますが、おすすめは3分割タイプです。

基本情報は以下の通り。

寝心地表:ハード
裏:ソフト
サイズ【S】幅97×長さ195×厚さ14
【SD】幅120×長さ195×厚さ14
タイプノンコイル
(高反発ウレタン)
重量13kg
ウレタン密度50D以上
生産国日本
予想耐久年数7~10年

最大の特徴はソフト面とハード面を入れ替えることで好みの寝心地にカスタマイズできることです。

側面のボタンのようなものを外すだけなので10秒で入れ替え可能。

「腰は固めで肩付近はソフト」など体格や寝姿勢に合わせて自由に変更ができるので使い勝手抜群です。

また3分割のメリットとして腰部ブロックを定期的に頭・足部のブロックと入れ替えることにより、ヘタリ軽減効果が得られます。

ヘタリに関わるウレタン密度も50D以上と業務用レベル。

密度50D以上

自動車や電車・バス等のシートに採用されるウレタンと同等レベルの耐久性を誇ります。

10万回の繰り返し試験をクリア。ウレタン単体での結果は1㎜程度のヘタリのみで薄型なのに10年前後は使用可能な耐久性を誇ります。

肝となるウレタンにはモールドヘキサと言われる6角形のウレタン構造を採用。

溝と穴(内部にも通気口有)を設けることでウレタン素材の不安要素である通気性対策もしっかりされています。

モールドヘキサ 出典:カリモクHP

6角形は自然界で最も荷重分散性に優れた形と言われています。

プロで使うサッカーゴールのネットが6角形なのも同じ理由です。

マフは実は先ほどのシモンズのマットレスと同様に島忠ホームズとカリモク家具のコラボ商品

カリモクのカタログ掲載商品だと類似モデルでMofmo(モフモ)というモデルが存在しています。

モフモ 出典:カリモクHP

以下はマフとモフモの比較表。

マフモフモ
価格79,900円80,300円
種類1枚物or3分割
選択可能
1枚物
固さ表裏で異なる
ソフト/ハード
両面
ハード
カバー着脱可着脱可

ウレタン素材やモールドヘキサ構造は同じです。

比較した全ての項目でマフが優れておりユーザーにとって使いやすく工夫されているのがわかります。

マフは高価ですが10年近い耐久性を備えた万能薄型マットレス。

特に腰の落ち込みが気になる方や、季節や体調によって固さを調節したい方に最適です。

おすすめ薄型マットレス まとめ

コイルタイプ、ノンコイルタイプのそれぞれの特性とおすすめな薄型マットレスについて解説してきました。

薄型マットレスのメリット
  • 低価格から選べる
  • 軽く、畳んだり取り回ししやすい
  • 敷布団感覚で使える
薄型マットレスのデメリット
  • 耐久性が劣るものが多い
  • 寝心地に底づき感がある
  • 低価格品は粗悪品が多い

メリット・デメリットをふまえ、おすすめの薄型マットレスは以下の8つです。

ご予算と寝心地、用途に合わせて選んでいただければ幸いです。

薄型マットレスに相性の良い収納付きベッドフレームも紹介しています。

【2024年3月最新】引き出し収納付きベッドフレームおすすめ7選。チェストベッドの選び方やデメリットも解説

以上、薄型マットレスおすすめ8選の解説でした。