【2024年5月】専門家が選ぶ男の子向けおすすめ収納付ベッド5選。選び方のポイントと注意点も解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事ではお子様、特に男の子におすすめデザイン、機能性と収納力を兼ね備えたベッドを紹介いたします。

子供用ベッドを子供に選ばせていませんか?

自分が寝るベッドではないため、意外と子供用ベッドは適当に選ばれてしまう親御さんが多いです。

とりあえず近くの家具屋を見に行ってませんか?

店員さんに勧められるがままに買ってませんか?

子供用だからといって安易に安価なベッドを選ぶのはNG。すぐに買い替える原因になります。

子供の好みや感性は成長に合わせて常に変化しています。今の好みや感性だけで選んでしまうと数年後には使いづらくなっていることも多々。長期目線で選ぶことが重要です。

でも種類が多くて違いがよくわからないよ

組み立てとかも不安だわ

この記事を読むことでベッド選びでチェックすべきポイントがわかります。

チェックポイントを押さえることで「なぜこの商品は高いのか、安いのか」その価値を見極めることができます。

ここで紹介するベッドフレームは子供といっても小学生~成人になるまでの12~15年の使用期間を想定

大人でも使用可能な長く使えるベッドフレームを厳選しています。しかもほとんどがマットレス付きでも5万円前後とお手頃です。

ネットで家具を買うと組み立てとか大変そう」と感じるかもしれませんが、もちろん組み立てサービス(有料)がありますので苦手な方でも安心です。

是非この記事を参考にしていただき、長く使えるベッドを選んでいただければと思います。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

JIN

簡単プロフィール

*家具・インテリア業界に14年勤務

*見てきたベッドは300種類以上

*シモンズユーザー歴7年2枚目

*実務と使用経験の両視点から詳しく解説

プロフィールページはこちら

女の子向け用ベッドはこちらの記事をご覧ください。

【2024年6月最新】引き出し収納付きベッドフレームおすすめ7選。チェストベッドの選び方やデメリットも解説

チェックポイントと注意点

日々成長する子供用のベッド選びは大人用とは少し異なった視点が必要です。お子様用ベッド選びであらかじめ押さえておきたい点は以下の通り。

押さえておきたいポイント
  • 何歳までの使用を想定しているか
  • 間取とベッドサイズ
  • 収納の有無
  • 必要な機能(コンセントやライト)

高価なベッドを購入して数年で買い替えることは極力避けたいですよね。1つ1つ確認していきましょう。

何歳くらまでの使用を想定しているか

一般的にお子様用ベッドを購入する時期は小学校入学~低学年時が多く、高校卒業後の進学や就職に伴う1人暮らしを機会に買い替える場合が多いです。そのため使用想定年数は12~15年となります。

そう考えると結構長いわね!

筆者
筆者

実は大人が使うベッドより長く使われることが多いんです

ベッドフレームはマットレスのように著しく消耗することは少なく特段の理由がなければ長持ちします。使用できるにも関わらずデザインや機能性を理由に買い替えるのはもったいないですよね。

そのためあらかじめ子供の成長を想定して子供過ぎないデザイン必要になりそうな機能(コンセントやライト)をそなえたベッドを選ぶことおすすめします。

間取とベッドサイズ

子供部屋に多い間取は4.5畳~6畳と言われています。

豆知識

日本家屋に多い江戸間の場合

4.5畳=261×261cm

6畳=261×352cm

そしてベッド(フレーム)のサイズは以下のマットレスサイズに「横幅+1~2cm」、「長さ195cm+ヘッドボード分」です。

サイズマットレス
横幅/長さ
フレーム
長さ
シングル97/195約200~215cm
セミダブル120/195約200~215cm
ダブル140/195約200~215cm
クイーン
(ワイドダブル)
153~170/195約200~215cm
キング180~200/195約200~215cm
*クイーン、キングはメーカーにより異なります

下のイメージ画像は子供部屋にシングルベッド(98×200)と学習机(110×60)、棚(90×29)を設置したイメージです。

4.5畳子供部屋イメージ

上からの2Dイメージ
横からの3Dイメージ

ドアや窓、クローゼットの位置にもよりますが、間取的には4.5畳の場合ベッドサイズはシングルが最適セミダブルまでがなんとか設置可能。

6畳子供部屋イメージ

上からの2Dイメージ
横からの3Dイメージ

6畳の以上あればセミダブルやダブルサイズでも可能。かなり余裕をもったレイアウトが可能です。

成人までの使用を想定しても平均的な日本人の体格であればシングルサイズで充分。ご両親の遺伝上大きく成長することが予想される場合はあらかじめセミダブルサイズを検討してみるのもありです。

お部屋のレイアウトを考える上で知っておくと便利なのがクローゼットの開閉時の必要寸法。クローゼットは扉1枚が約45cmで作られています。つまり開閉スペースとして46cm以上のスペースを考慮しておくと良いでしょう。

収納の有無

ベッドフレームのベースタイプは大きく分けると3タイプ。

  1. レッグ(脚)
  2. 引き出し収納
  3. リフトアップ(跳ね上げ収納)

それぞれの特徴を解説します。

レッグ(脚)

レッグタイプはシンプルに足元が空いているベッドのこと。収納はありません。

メリットは通気性と比較的低価格なことです。

足元が空いているのでお掃除がしやすいというメリットの見方もありますが、逆を返せば埃が溜まり定期的に掃除の手間が必要。何か物が入ってしまうデメリットもあります。

またレッグタイプは引き出し付きなどに比べきしみが発生する可能性が高いです。原因は床とのかみ合わせだったり、床板(マットレス下の大きな2枚の板)、すのこのゆがみであったり様々です。

レッグタイプは低価格がメリットですがあまり低価格商品はおすすめしません。

子供が小さいうちは飛び跳ねたりすることも想定されます。レッグ(脚)タイプは収納付きに比べ耐荷重性が低いことから選ばれる際は床板、すのこの厚み、支える脚の箇所や本数などしっかり確認しましょう。

引き出し収納

引き出しタイプのメリットは出し入れしやすい収納とベッド下のお掃除の手間が少ないこと。子供部屋は収納が少ない場合が多いため少しでもデッドスペースが活用できる引き出し付きはおすすめです。

最もポピュラーなタイプで種類が多いのも選びやすいポイント。引き出しが入ることでレッグで挙げたきしみのデメリットも発生しにくくなります

選ぶ際のポイントは「ボックス構造」または耐荷重120kg以上です。

BOXの反対側は床板(すのこ)が入ります

ボックス型とは四角い箱の中に引き出しが付いているタンスのような構造。頑丈で密閉性が高く使いやすいのが特徴です。

床との接地部まで板が入っているベタ床のものであればベッド下に埃が溜まることもありません。

デメリットはレッグに比べ密閉性が高いため通気性が劣ります。少しでも通気性をよくするために引き出し以外の部分がすのこになっているとなお良しです。

気に入ったデザインがすのこじゃなかったわ

筆者
筆者

そんな場合は除湿シートを敷きましょう

マットレス下に敷くことで落ちてきた湿気を吸収。2~3週間に1度干すことで繰り返しできるため簡単に湿気対策できます。2000円前後で購入可能なのでおすすめです。

BOX構造でない場合は耐荷重を目安に選びましょう。

体重が少ない子供のうちはあまり気になりませんが成長につれ大人と変わらない体重になります。実際の体重の2倍以上が目安です。

例:体重60kg≒耐荷重120kg以上

リフトアップ(跳ね上げ収納)

最も大容量の収納力があるのがリフトアップ(跳ね上げ式収納)ベッド。

画像のようにベッド下ほぼすべてが収納スペースになっています。

沢山入るのはいいけど上げるのが大変そう…

筆者
筆者

油圧やガスシリンダー、バネで女性でも楽々上げられるようになってますよ

長くて収納スペースに困るカーペットやスキー、スノーボードの板、衣替え用の衣装ケース、旅行用のトランクなど頻繁には使用しないものまで収納可能。

お子様の成長に合わせて洋服をはじめ、部活動や趣味の道具がしまえるのでかなり重宝します。

ベッド下のデッドスペースを有効活用できるので、なるべく多くの収納が欲しい方におすすめです。

筆者
筆者

我が家もリフトアップベッド使用しています。深さがあるタイプは特に便利ですよ

必要な機能(コンセントやライト)

ヘッドボード付属機能は主に2つで電源コンセントライト(照明)です。

コンセントはお子様もスマホを持つ時代ですので就寝時の充電に便利。枕元で充電できることで目覚ましアラームもスムーズにかけられます。今ではUSB差し込み口があるフレームもあったりします。

最低限コンセントは成長につれ必要になるため、あらかじめ付属しているフレームがおすすめです。

ベッドフレームに付属のライトは基本枕元を照らす程度の照度しかありません。デザインや雰囲気の意味合いが強いため特段必要というわけではありません。読書などの場合は別途ライトを準備した方が良いでしょう。

男の子向けおすすめ収納ベッド5選

ここからは男の子向けデザインで構造、機能性が充実しているコスパの高いベッドフレームを紹介していきます。

①neruco 大容量引き出し収納チェストベッド

まずはじめはnerucoの大容量引き出し付きチェストベッド。一通りの機能を備えた万能ベッドです。

引き出しも丈夫なBOX構造。有名ベッドメーカーと比較しても遜色ないつくりになっています。

価格Sサイズ49,990円
サイズ展開Sサイズのみ
収納形式引き出し
BOX構造
カラー3色
ヘッドデザインシェルフ
コンセント有(2口)
USB
ライト(照明)無し

ヘッドボードも充実の機能。

ヘッドボードに厚みがある分ベッド全体の長さはやや長めの224.1cmです。

ヘッドボードには棚が収納されています。キャスターでスライドして出し入れ可能。男の子心をくすぐる機能も付いています。マンガなどの収納に便利ですね。

配送料は一部地域を除き全国無料。組み立て設置は含まれていませんので基本的に玄関渡しです。

組み立てに不安がある方には有料ですが組み立て設置サービスも用意してくれています。

Sサイズ9000円とそこそこ費用は掛かりますが不慣れで行う組み立てや搬入作業にはリスクが伴います。自宅の壁や床を傷つけてしまったり、商品自体を破損してしまう可能性もあります。保険の意味合いも込めて不安がある場合は利用も検討してみましょう。

シンプルデザインとつくりの頑丈さからも長く利用できる非常におすすめできるベッドフレームです。

フレームのみはこちら

マットレス付きはこちら

②RASIK 引き出し収納付きベッド

カラーバリエーションが7色展開と豊富なRASIKの引き出し付きベッド「セレスト」。上記のビンテージブラウン以外の6色は以下の通り。

男の子向けのブラックやビンテージブラウン、グレーやストーングレーなど他ではあまり買えないカラーが豊富です。お得なマットレスセットも選べます。

価格Sサイズフレーム
ボンネルマットレス付
ポケットマットレス付
24,980円
33,980円
37,980円
サイズ展開S~Dサイズ
収納形式引き出し
キャスター
カラー7色
ヘッドデザインシェルフ
コンセント有(2口)
USB無し
ライト(照明)無し
配送について

北海道・沖縄県・離島など一部の地域への配送以外は全品送料無料

北海道:5,000円 沖縄:10,000円
離島および一部地域:3,000~10,000円
※商品1点当たりの送料(税込み)

引き出し収納付きでBOX構造ではありませんが耐荷重が120kg、セミダブル以上は200kgとお子様~大人まで安心して使える強度をもっています。

マットレスを乗せて荷重が分散された場合の耐荷重ですので床板に直で乗ったりはNGです。

ヘッドボードにも2口コンセントが付属。睡眠中のスマホの充電も可能です。

表面材も強度の高いメラミン樹脂加工板。業務用でも使用されるほど固く、湿気や熱にも強いのでが扱いが雑な男の子でも安心の素材です。

この価格で高価なメラミンは驚きのコスパです。

マットレス付きも選択可能。種類はボンネルコイル、ポケットコイルから選べます。

ボンネルコイルとポケットコイルの簡単な違いは以下の通り。

ボンネルコイルは昔ながらのマットレスといった弾むような感覚。ポケットコイルは跳ねたり揺れたりが少ない布団感覚のマットレスです。

低価格のボンネルコイルはバネを感じやすいため価格差が4000円程度なので迷ったらポケットコイルをおすすめします。

購入はこちら

③ニトリ 大容量チェストベッド

BR色

ニトリのネット限定で販売されている大容量チェストベッドです。

価格Sサイズフレーム49,900円
マットレス別途購入
サイズ展開Sのみ
収納形式引き出し
BOX構造
カラー2色DBR・NA
ヘッドデザインシェルフ
コンセント有(2口)
USB無し
ライト(照明)LED付

コンセントにLED照明、タブレットや雑誌も立てかけられるスペース付きのヘッドボードでとても機能的。

引き出し部分は搬入もしやすい3分割で丈夫なBOX構造。引き出しの反対部分も床板をどければ収納スペースとして活用できます。また細かいところですが床板、引き出しの黒く見える部分にはズレ防止の不織布が貼ってあります。

同じニトリのチェストベッドのジオ2、アザンは化粧板のみでズレ防止はされていません。

画像はニトリのチェストベッド ジオ

カラーはお部屋の雰囲気に合わせて2色対応。

大手だけあってかなりのコスパの商品です。配送も店舗購入時と同じく組み立て付きで平日配送4,400円。土日でも5,500円と比較的手ごろ。

ただしデメリットはネット限定商品のため実物を確認できません。

ネットではニトリ直営のニトリネット、楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入が可能です。購入はポイント還元率が高い楽天市場、またはYahoo!ショッピングがおすすめです。ニトリネットではニトリポイント1%のみです。

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

④neruco 引き出し付きベッド

高機能かつ低価格な引き出し収納付きベッドです。フレームのみと、お得なマットレスセットが選べます。

価格Sサイズ
マットレス付き
20,990円
33,980円
サイズ展開SS~Kサイズ
収納形式引き出し
キャスター
カラー2色 WH・BK
ヘッドデザインシェルフ
コンセント有(2口)
USB
ライト(照明)無し

丈夫なBOX構造ではないものの耐荷重150kgと充分な耐久性を誇ります。お子様はもちろん、大人でも十分な耐荷重。

ヘッドボードにはコンセントとUSBを標準装備。ティッシュ箱もそのまま置けるワイド設計です。

表面材も一般的な剝がれやすい強化プリント紙ではなくメラミン化粧板。非常に固く、湿気や熱にも強いのでが扱いが雑な男の子でも安心の素材です。

先ほど同様この価格で高価なメラミン化粧板は驚きのコスパです。

また引き出し付きにもかかわらず全面すのこというのもGOODなポイント。通気性が良いのはもちろん厚さもあるのできしみや割れの心配も少ないと言えます。

マイナスポイントは引き出しがキャスター式であること。床と隙間があるためベッド下に埃が溜まりやすくなってしまいます。

引き出しはフレーム本体に固定されていませんので簡単に引き抜くことができますが、定期的なお掃除が必要です。

また引き出すスペースにカーペットなどで段差がある場合、引き出しづらくなる可能性がありますので注意が必要です。

デメリットとして挙げましたが価格を考慮すれば収納性と通気性を両立した優秀なつくりのフレームと言えます。

配送料は一部地域を除き全国無料。組み立て設置は含まれていませんので基本的に玄関渡し。

自分で部屋まで運び組み立てです。不安な方には有料ですが組み立て設置サービスも用意してくれています。

Sサイズ9000円とそこそこ費用は掛かりますが不慣れで行う組み立て、搬入作業にはリスクが伴います。

自宅の壁や床を傷つけてしまったり、商品自体を破損してしまう可能性も。

保険の意味合いも込めて不安がある場合は利用も検討してみましょう。

自分で組み立ての際には電動ドライバーがあると楽に組み立て可能です。

口コミにも組み立てについての評価が多くみられますのでご参考にしてください。(公式商品ページ下部に記載有)

フレームのみはこちら

マットレスセットはこちら

⑤neruco 大容量跳ね上げベッド

収納力と通気性、コンセントの機能性まで兼ね備えた大容量跳ね上げ収納ベッドです。

ベッドの下のデッドスペースがほぼ全面収納空間になっているため引き出し収納に比べ収納力は2倍以上。お部屋に収納が少ない、とにかく収納が欲しい方に最適です。

価格Sサイズフレーム32,990円
ポケットコイル
マットレス付き
43,480円~
サイズ展開S、SD
収納形式跳ね上げ式 縦
カラー2色BR・NA
ヘッドデザインシェルフ
コンセント有(2口)
USB
ライト(照明)無し

カラーはブラウンとナチュラルの2色。お部屋のイメージごとに選べます。

このベッドフレームの特徴はウッドスプリングと呼ばれるすのこのように見える床板部分。若干山形にしならることで加重の分散、マットレスの耐久性アップなどの効果が見込めます。もちろん見た目はすのこなので通気性も抜群。

注意点として布団や重量の軽い薄型マットレス(ウレタン素材など)には不向き。マットレス重量によりしなったウッドスプリングを沈み込ませるため軽すぎると浮いてしまいます。

最低でも厚さ15cm以上のスプリングマットレスを選びましょう。セット購入可能なマットレスは3種類から選べます。

マットレス
種類
マットレス
セット価格
ポケットコイル15cm厚43,480円
ポケットコイル20cm厚45,980円
ポケットコイル25cm厚52,890円

サイズ詳細は以下をご参照ください。

便利な大容量跳ね上げベッドですがデメリットは組み立てが大変ということです。組みあがってしまえば問題ないのですが、素人が説明書のみで組み上げるのはかなり大変。ネジ数も多く電動ドライバー必須です。

跳ね上げベッドに関しては有料組み立て設置サービス(Sサイズ9,000円)の利用を強くおすすめします。組み立て費込みでもマットレス付きで52,480円~は充分なコスパと言えるでしょう。

フレームのみはこちら

マットレスセットはこちら

まとめ 正しい選び方で長く使えるベッドを

ベッドは寝心地もさることながらデザインや機能性も大切な要素です。特に成長過程のお子様ベッドは成長に合わせて好みのデザインや必要な機能が変化します。

高価なベッドを頻繁に買い替えることが無いよう正しい選び方と押さえるべきチェックポイントを参考にして長く使えるお子様用ベッドを選んでいただければと思います。

今回ご紹介したベッドは大人の方でも充分利用可能なベッドです。安く収納性が高くコスパの良いベッドをお探しであれば候補にしてみてください。

neruco
大容量引き出し
収納付チェスト
ベッド
フレームのみ
 
マットレス付き
RASIK
引き出し収納付き
ベッド
購入はこちら
ニトリ
大容量チェスト
ベッド
楽天市場
 
Yahoo!ショッピング
neruco
引き出し付き
ベッド
フレームのみ
 
マットレスセット
neruco
大容量跳ね上げ
ベッド
フレームのみ
 
マットレスセット

自宅で試せて無料返品可能なマットレスなどマットレス選びの参考になる記事も書いています。


以上、男の子向けのおすすめ収納付きベッド5選でした。